メリット・デメリット

植毛のメリットとデメリット。ちゃんと理解できてる?

更新日:

このページをご覧になっている方は薄毛にお悩みのことかと思います。
植毛をすると自分の髪が生えてくると聞くし、ぜひやってみたいと考えている方もいるかもしれませんがちょっと待って!
植毛手術のメリットとデメリットをしっかり把握は出来ているでしょうか?
メリットばかりを見て手術を受けた結果、思わぬ結果になり「こんなはずじゃなかった..」となってしまってからでは遅いです。
このページでしっかり学んでいきましょう!

 

植毛手術のメリット

まずはメリットからご紹介。外科手術でなんだか怖いし、値段もそれなりにするので躊躇してしまうという方も多いのでは?しかし植毛手術にはそれを補って余るほどのメリットがあります

定着率が高い

自毛植毛の定着率(成功率)は約95%と言われています。育毛剤や服用タイプの薬は人によって効果に大きく差が出ます。誰でも必ず成功するというわけでは無いのです。

それに対して自毛植毛は効果に個人差が出にくく、誰でも高い確率で効果が実感できるものとして人気です。

拒絶反応が出にくい

自毛植毛は自分自身の毛根を移植します。元々自分の物を移植するだけですので拒絶反応は起こりにくく、抜け落ちてしまう事も少ないので高い定着率を誇ることが出来るのです。

手術後のメンテナンスは不要

1度手術をした後は普通の髪と同じようにシャンプーやカットをすることが出来ます。定期的なメンテナンスや薬の服用、受診の必要が無いので手間が掛かりません。

植毛手術のデメリット

では、次はデメリットをしっかりと見ていきましょう。デメリットをしっかり理解できた上で手術に臨めれば怖いもの無しですよ。

植毛できる本数に限りがある

自毛植毛は自分の頭皮の中で毛根のしっかりしている箇所から薄い部分へ移植することになります。よって、移植できる本数には限りがあります。自分の元気な毛根の分しか移植は不可能ということですね。
全体的に薄毛が進んでしまっていて、移植可能な箇所が無い状態では残念ながら自毛植毛は出来ません。

数回の手術が必要なことも

1度の手術で高密度の植毛を行ってしまうと定着率が悪くなってしまいます。そのため「しっかり密度のある仕上がりにしたい!」と考える方は数回に分けて手術を行う必要が出てくることも。

手術代が高い

自毛植毛は保険が適用されません。脱毛が進行し、それをしっかり補うくらいの植毛を行おうとすると100万円を軽く超えてしまうということも。自分の経済状況との相談が必要です。

自毛植毛手術の費用詳細についてはこちらの記事で!

傷が残る

頭皮のドナー部分には小さい傷跡が残ります。極端に短髪にしないと目立ちませんが、全体的に薄毛が進行してしまった場合は目立ってくる可能性もあります。

-メリット・デメリット

Copyright© 薄毛・植毛手術総合情報サイト【SHOKUMOU!!】 , 2017 All Rights Reserved.